1部の方にはお知らせしていましたが
5月15日にライト君は心臓血管肉腫といわれ余命1ヶ月と宣告されました。
急な事で私も家族も
信じられない日々を送っていました。
でも10日程立って
泣いてばかりいられない。
身体に良い物をたべさせたり
藁をも掴むきもちで
サプリを飲ませたりしていました。
食欲も衰えることなく(寝ている時間は増えましたけど)元気に楽しそうに暮らしていました。
その可愛いライト君が
6月17日に
急に逝ってしまいました。
8歳7ヶ月。


その日の夕方は

いつものように ご飯をねだったライト君にお魚とお豆腐の煮込みを作ってあげました。
美味しそうにパクパク食べて満足そうに歩いていたのに
1分もしないうちに
急に倒れてしまいました。

私は慌てて抱きしめました。
パニックになってたライトに

大丈夫だよお母さんがいるから
大丈夫だよお母さんがここにいるでしょ。
って言いい続けました。
ライト君は
じーっと私を見つめて
一言大きな声でひぃーと鳴いて
それから
呼吸を数回して
私に抱かれたまま天国に逝ってしまいました。
私を見つめていた瞳は
亡くなったあとも私を見つめたまま、


何度目を閉じようとしても
最後まで閉じることなく
天国へ旅立ちました。


とても頭のよいこで
人の話もよく理解できる子

大胆で可愛いイタズラを1杯する子


寂しがり屋で私の傍にいつも付きまとっていたライト君

病気になっても面倒をかけまいとこんなにも
あっさりと逝ってしまったライト君。

今はただもう一度会いたいです。

応援してくださった皆様
ありがとうございました。








P_20200412_154623_vHDR_Auto
P_20200412_154623_vHDR_Auto